EVENT & NEWS

PREVIOUS

EVENT20.3.1 3月1日ルイーザブラジリアンスペシャルトリオーボサノバ・ショーロー

初登場!本格ブラジリアンミュージックをお愉しみください。

オープン 18:30
1st ステージ 19:00-
2ndステージ 20:30-
入替無
ミュージックチャージ 2,500円(税込)+2オーダー

ご予約は
reserve@penta.blue

ルイーザ

ブラジル音楽歌手。また、ブラジルの伝統的な弦楽器カヴァキーニョの弾き語り。
東京学芸大学A類音楽科声楽専攻卒業。卒業後、大衆音楽としての楽しさと音楽としての美しさを兼ね備えたブラジル音楽に傾倒する。
ブラジル音楽の中でも特に1930年代〜1970年代頃のリオデジャネイロのサンバに魅了され、2008年、2013年ブラジル、リオデジャネイロに滞在。 現地のミュージシャンと交流する。2008年に渡伯した際、ルイーザという名で呼ばれ始めたのを機に、活動名をルイーザとする。
2018年4月、ブラジル音楽ユニットVelas Brancasのアルバム『Tua voz eu escuto』をリリース。
2015年には雑誌ロックジェットvol61にインタビューが掲載される。
音楽が身近にある暮らしを応援するMusic&Life Florestaを主宰し、ライブ、コンサート、イベントなどを企画・出演の他、レッスンやワークショップ、子育て支援施設・保育園・学校でのリズムあそびWS等幅広い活動し好評を得ている。

Nego Fortunato
(ネゴ・フォルトゥナト)

ブラジルアマパ州出身。ギタリスト、シンガー、コンポーザー、プロデューサー。
リオデジャネイロを拠点に、フランス、タヒチ、チリなど様々な国を巡り活動中。セウジョルジ、エミリオサンチアゴ、マリアヒタなど多くの著名アーティストとの共演経験を持つ。プレイヤーとしてのみならず、楽曲の提供やアレンジ、ショーやプロモーションビデオのプロデュースなど、幅広い活動を行っている。
ブラジル音楽を日本へ広めるという新たなキャリアを開始すべく、昨年リオデジャネイロより来日。
様々な経験を活かしたエネルギッシュでパワフルな演奏が好評を得ている。
世界にブラジル音楽・文化を広めることが目標。

Dário Tadeu Sakumoto
(ダリオ・タデウ・サクモト)

ブラジル・サンパウロ出身
母方の祖父が沖縄県東村出身の日系3世ブラジル人。
ラテンアメリカ最大の音楽学校Conservatorio Musical e Dramatico Dr. Carlos Campos – Tatuiにてバンジョー、カヴァキーニョ、パンデイロを学ぶ。
ブラジリアンパーカッション・バンジョー・カバコ奏者、指導者であり、ボディーリラクゼーションセラピスト。ミュージシャンであった父の影響により、幼少時から音楽に触れていた。音楽学校を卒業後、1995年17歳の時に初めて来日、働きながら演奏活動を開始。CD『Novo Eskhema』をリリース。
現在は、ボンジサンバ、ラモス瑠偉氏のパゴージバンド、サンバジプリメイラ、サンバレッスンなどのブラジル音楽普及活動の他、リラクゼーションセラピストとして、ガン患者や患者家族をはじめ、心のケアも大事に、精力的に活動を行っている

ACCESS

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-10-11 B1
小田急線 経堂駅 北口 徒歩5分

改札を出て北口にバスロータリーが見えます。経堂コルティ(CORTY)を左に見ながら直進、信号を渡り、ケンタッキーフライドチキンの脇の狭い道の突当りがすずらん通りです。左に曲がると、右にファミリーマート、少し先の右にセブンイレブン、その先の左にAEONの看板が見えます。AEONの右の建物の地下です。

CONTACT

お名前必須
メールアドレス必須
内容必須