EVENT & NEWS

PREVIOUS

EVENT19.10.26 10月26日鈴木宏紀Electric Jazz Trio -ジャズー

全く新しい電子打楽器”sensory percussion”をジャズのアンサンブルに落とし込みご紹介します。

進化系Jazzをお楽しみください。

鈴木宏紀 Sensory Percussion, cymbals
石川広行 trumpet, effecters
末永尚史 keyboard

オープン 19:00
1st ステージ 19:30-
2ndステージ 21:00-
ミュージックチャージ 2500円(税込)

ご予約は、下記まで
reserve@penta.blue

鈴木宏紀Dr

1989年静岡県浜松市生まれ。
ピアノ講師である母の勧めで、6歳の頃からヤマハミュージックスクールでドラムを始め、ロック、フュージョン、R&Bなどの音楽に影響を受ける。
中学高校では吹奏楽部に所属。ティンパニ等の打楽器全般を担当しクラシック音楽に傾倒する。
2008年、甲陽音楽学院名古屋校に入学。この頃から名古屋市内のジャズライブハウスを中心に活動を始める。
2010年、バークリー音楽大学に奨学生として留学。ジャズ作曲科と器楽科の両科を修了。
2012年、同校にてDanilo Perez監修の育成機関”Berklee Global Jazz Institute”にアジア人ドラマーとして初めて所属し、海外へのライブツアー、ワークショップの開催等に参加。
これまでにトランペッター曽根麻央との双頭リーダー作”SkyFloor”と、日韓合同バンド”United East Jazz Quartet”の2枚のアルバムを発表。
2014年、活動の拠点をニューヨークに移す。同世代のトッププレイヤー達と共に、全編自身の作編曲によるアルバム「Decaytime」を録音。2016年2月にD-musicaより発売。
2015年、拠点を東京に移し日本での活動を始める。
2016年からはアルバム発売を機に自身のバンド「鈴木宏紀Decaytime」として広瀬未来、西口明宏、島田剛、渡辺ショータと活動。8月には秋山一将をゲストに迎える。
主な共演歴は前田憲男、峰厚介、向井滋春、TOKU、クリヤ・マコト、納浩一、安ヵ川大樹、岡崎好朗、川嶋哲郎、高木里代子、牧山純子、等。

末永尚史(すえながたかふみ)key

宮城県仙台市出身、幼少の頃から両親の影響でピアノを始め、様々な音楽に興味を持つ。 東北大学工学部に入学後、独学でジャズピアノを勉強し東北を中心にプロの演奏家たちと演奏活動を行う。 東北大学を卒業後、ジャズを本格的に勉強するためバークリー音楽大学から奨学金を受け 2010 年秋同大学に入学。 その後、特別プログラムである Berklee Global Jazz Institute に選抜される。
Danilo Perez, John Patittuch, Joe Lovano らに師事。
その後ニューヨークに活動の拠点を移し活動
Newport Jazz Festival, Panama Jazz Festival, Bluenote NYC, Smalls jazz club などに出演
2018年日本に帰国し、活動中

石川広行(いしかわひろゆき)Tp

1984年3月17日北海道室蘭市生まれ。
高校時代にジャズと出会う。
高校卒業後に札幌での演奏活動を行った後、
洗足学園音楽大学に入学。
在学中にはバークリー音楽院にも留学した。
洗足学園音楽大学を卒業後、都内各所で活動中。

これまで原朋直、佛坂咲千生、タイガー大越、Hal Crookに師事する。(敬称略)

近年の主な参加バンドやプロジェクトは、
Com⇔Positions, 佐藤恭子リトルオーケストラ, Blacksheep, octagon, マハゴニーシティバンド, 狭間美帆plus十, 三木俊雄フロントページオーケストラ, 廣瀬真理子とPurple Haze, N:lab, D-musia Large Ensemble等

ACCESS

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-10-11 B1
小田急線 経堂駅 北口 徒歩5分

改札を出て北口にバスロータリーが見えます。経堂コルティ(CORTY)を左に見ながら直進、信号を渡り、ケンタッキーフライドチキンの脇の狭い道の突当りがすずらん通りです。左に曲がると、右にファミリーマート、少し先の右にセブンイレブン、その先の左にAEONの看板が見えます。AEONの右の建物の地下です。

CONTACT

お名前必須
メールアドレス必須
内容必須